Printing, photo and production

印刷業界の流れ

Printing

印刷料金の金額の傾向とは

印刷業界は出版業界の不調と共に長い間厳しい経営を強いられることとなり、競争激化によって印刷料金は下落を続けてきたのです。その中で耐えられずに消える印刷会社も多く、その残った会社もさらなる料金の値下げに苦しんできた経緯があります。 けれども最近において、新たな業務形態としてネット通販による印刷サービスが始まると、その手軽な利用方式に多くの需要が生まれるようになったのです。しかもその料金はさらなるコスト削減と効率化を伴って、これまで以上に安いものとなっています。けれども同様の通販によるサービスが増えてきたことにより、再び料金の値下げが見られるようになってきています。さらなるコスト削減による対応を迫られる形となっているのです。

これまでの歴史について

印刷業界の歴史は、デジタル化と歩調を合わせた進化を見ることができます。DTPの出現によってその製版作業は大きく効率化が進み、これまでのような職人が不要となることによって人件費の削減にもつながったわけです。さらに輪転機に関してもデジタル管理されることによって、やはり経験と勘によって色調調整をしていた職人でなくても作業ができるようになっています。 そしてネット通販においては、使用する用紙を限定することによって仕入れ価格を大きく削減することにつながり、さらにはこれまで行っていた細かな色調の調整作業といったものも行わないことにより、極めて短納期での納品を可能としているのです。さらには付加価値として、デザイン提案などのサービスも行うなど、新たな提案型のサービスが普及しています。