Printing, photo and production

進む印刷技術

Printing

印刷技術はパソコンの普及と共にDTPによる進化を遂げてきた歴史があります。製版作業はこれまでの手作業から比べるとはるかに効率的かつ的確に行えるようになり、印刷品質も大きく向上することになったわけです。 けれども出版不況が長引くと共に高品質を求められる風潮の中で、体力の無い中小の印刷会社は多くが姿を消すこととなったのです。そのような中に現れたのが、ネットの利便性と無駄を削ぎ落とした通販印刷サービスです。使用する用紙の種類を限定することで大量仕入れによるコスト削減と、これまでのような細かな色調補正を行わない作業効率の向上は、欧米的なものではありますが受け入れられることとなり、今では多くの需要を増やすことに繋がっています。

印刷通販というこれまでには無い、ある意味潔さを持ったサービスが普及する中で、印刷に求められるものも変化が見られるようになっています。高品質にこだわるよりも、その本来の目的に注目されるようになっているのです。つまり、広告宣伝効果を高めるために、高い品質よりも多くの反応を得られるレイアウトやデザインの研究がなされるようになってきているのです。 そこで印刷会社でも、体力を奪い合う価格競争を続けるよりもいかに付加価値をつけるかに舵を切るようになっています。これまでは単に入稿したデータに忠実に印刷することに注がれていた技術を、宣伝効果分析という新たな取り組みとして捉えるようになってきているわけです。これからは求められる目的を見据えたサービス展開が主体になると予測されています。